海外FXのトップクラスとして20年以上も運営しているiFOREXに特化しているiFOREX専門サイト

  iFOREX(アイ フォレックス) クラブ 口座開設して100%ボーナスを貰おう
iFOREX公式で今すぐ口座開設
iFOREX クラブ 口座開設方法 口座開設 FX・通貨・為替 株式指数 商品取引 仮想通貨 初心者向け その他記事

iFOREXが海外FXの中で法人口座の開設もおすすめできる理由

海外FXを長年トレードしていて利益を出していると法人口座を開きたいと思ってしまう人もいるでしょう。

日本でかかる税制では法人の売り上げで計上する方が節税などもしやすくなっています。

脱税は違法ですが、税理士などと契約して法律に則って節税する事は可能です。コレは海外FXトレーダにも言えることです。

海外FXの大手としておすすめされているiFOREXは法人口座も開設する事が可能です。同じように日本人に人気のある海外FXの大手であるXMでは法人契約は行っていないようです。
法人で口座開設するならiFOREX以外に選択肢はないかもしれません。

ココでは法人口座を解説する方法や必要書類ウラワザなどを書いていきたいと思います。

iFOREXの法人口座はどこで申し込むか

個人ならカンタンにiFOREXの口座から新規開設を行う事ができますよね。

コチラで2分程度の入力を完了すると個人口座はあっという間に開設できます。
一方法人口座はiFOREXのホームページ内に申し込み画面はありません。

どうするかと言うとiFOREXに個別で連絡する必要があります。

iFOREXのサポートに法人口座を開設したい旨を伝えましょう。

メールで連絡した場合でも入力した電話番号宛にかかってくる事もあります。知らない番号からかかってきたとしても対応する方がいいでしょう。

ポイント:法人口座を開設したい旨を電話やメールでiFOREXにまず伝える

iFOREXから返答があった場合

登録メール宛に口座登録に関する書類が添付されてきます。iFOREXでは連絡した後24時間以内に通常返信があります(土日除く)のでない場合は迷惑メールフォルダーなどを確認する方がいいでしょう。

数日待って返信がない場合は再度連絡してみるといいかもしれません。

iFOREXでは英語で書かれた添付ファイルに記入する事が必要ですし、必要書類もあります。

必要書類を用意する前に、まずは記入項目をもれなく書いていくことが重要です。

ポイント添付メールのファイルを確認必要項目を記入していく

法人契約をするに当たってiFOREXに提出する書類 - 1

法人契約をするに当たって法人格が存在している証明となる書類を提出する必要があります。

法人格を証明する書類としては「法人登記簿謄本(抄本)・履歴事項全部証明書」等をあげる事ができます。

法人契約をするに当たってiFOREXに提出する書類 - 2

法人が為替取引を行うことを承諾している証明書を用意する必要があります。この書類は行政で入手する事ができる書類ではなく作成する必要があります。

自作で結構な書類と言うことです。

重要な点としてトレードする人の名義が入っていないといけないというルールがあるので注意する必要があります。

法人契約をするに当たってiFOREXに提出する書類 - 3

法人の現所在地・住所がわかる公的書類。法人がどこにあるのか現住所がわかるものであればいいようです。

法人で登録している印鑑証明などが最適ではないかと思います。

法人契約をするに当たってiFOREXに提出する書類 - 4

トレードを行う人の証明書。

これに関してはiFOREXの個人口座を開設するときと同様にパスポートや免許証などでOKです。マイナンバーカードなどでも本人の顔写真が確認できるものであれば大丈夫でしょう。

法人契約をするに当たってiFOREXに提出する書類 - 5

トレードを行う人の住所を証明できるもの。

iFOREXの個人口座開設時もそうですが住所を証明する書類が新規開設には必要です。公共料金や電話料金などの請求書を用意する必要があります。

iFOREXに提出する書類 - まとめ

iFOREXで法人口座開設をする場合提出する書類が個人の時よりも多くなっています。添付ファイルは英語で記述されていますから頑張って翻訳するか英語に長けている人に翻訳してもらうといいでしょう。

iFOREX独自の書類英語の添付ファイルに記入
法人書類法人格が存在している証明書法人が為替取引を行うことを承諾している証明書法人の現所在地・住所がわかる証明書
個人書類トレードを行う人の証明書トレードを行う人の住所を証明できる書類

超カンタンに法人でトレードするウラワザ

iFOREXで新規口座を開設する場合、個人口座の方が圧倒的にカンタンです。2分もあれば開設できるのですから。

超カンタンに法人でトレードする場合まずは個人口座を開設します。
次にbitWalletで個人口座と法人口座を開設します。

トレードで爆益を得た場合はiFOREXに出金以来→bitWallet個人口座→bitWallet法人口座と出金した利益を法人口座に振り込む方法です。

iFOREXでは出金にbitWalletを使う事ができるので、こうすると個人でトレードしつつ法人で出金を行うと言う事が可能です。

(税理士に相談してから行動に移す方がいいかもしれません。)

海外FXで困るのは爆益を得た後でしょう。

既に法人を持っている経営者は別ですが初めから法人で開設するよりも個人で爆益を得た後に法人に移行するという方法の方がスムーズではないでしょうか。

海外FXの中でも日本人に特に人気のあるiFOREXがおすすめされる理由は、レバ400倍やゼロカットなど大きなメリットもありますが、個人でも法人でも口座開設を行う事ができる点やbitWalletに出金できると言うこともあげる事ができるかもしれません。

ポイントiFOREXで個人口座からスタート爆益後法人口座に移行

アナタもまずはiFOREXの個人口座でスタートしてみるといいかもしれません。