海外FXのトップクラスとして20年以上も運営しているiFOREXに特化しているiFOREX専門サイト

iFOREX(アイ フォレックス) クラブ
iFOREX クラブ 口座開設方法 口座開設 FX・通貨・為替 株式指数 商品取引 仮想通貨 初心者向け その他記事

iFOREXなど海外FXを利用しないと余剰資金でトレードできない理由

株やFXなどで投資を始める時、余剰資金でやりましょうと色々なサイトや本で書いていたりします。

決して間違った情報ではなく投資や投機は「余剰資金 = なくなってもいいお金」を使って運用する必要があります。

海外FXを使わないと余剰資金でトレードを行える人が少なくなる理由はなにでしょうか。

海外FXを利用しないと投資資金を貯める必要がある

国内ではレバレッジの上限が決まっており株なら3.11倍、FXなら25倍、仮想通貨に至っては2倍とレバレッジ上限が決まっています。

株なら30万円の投資を行う場合10万円を用意する必要があります。(現物取引なら30万)

FXなら10万通貨のドル/円を購入する場合45万円ほど用意する必要が出てきます。(10pips上下で1万円の利幅)

投資をするには高額ともいえる原資がいるわけです。

しかも国内口座を使うと原資が多くなり最低20万~50万円ほどは必要になってくるのではないでしょうか。

生活をしながら、こういったお金を余剰資金として貯めていくのはハードルが高く、いつになったらトレードできるのか難しくなっていくと思います。

貯めた余剰資金は損切りしにくい

自分の予想と違った動きをする場合、損切りをしましょうというのは良く聞くと思います。
私も損切りはした方がいいと思いますが、国内口座で20万~50万円ほどの高額トレードをしている場合損切りしにくくなってくるのではないでしょうか。

50万円で10万通貨をロングに入れていた場合、100pips逆行すると約10万円の損失になるわけです。

一生懸命働いて貯めた50万円のうち10万円(1/5)なくなってしますと大抵正常な判断はできなくなってしまうと思います。

すっぱり切ることができるという人はいいと思いますが、ほとんどの人はそうではないでしょう。

心を鬼にして損切りできる人は少ないでしょう。

ほとんどの人が戻ってほしいと祈り、損切りをせずに被害を拡大していってしまう事は目に見えています。

貯めた資金が大きくなればなるほどこういった傾向になる事はたやすくわかると思います。

海外FXは資金が少なくて済む

ハイレバの代名詞であるiFOREXをはじめ海外FX大手のXMなど人気のある海外FXは多数ありますが、どの業者を使ったとしても国内よりも高いレバレッジをかける事ができます。

iFOREXで10万通貨購入して30pips逆行したら損切りと言うルールを決めるなら入金額を30,000円ほど入金するとトレード可能です。

5万通貨なら15,000円ほどの入金で済むわけです。

証拠金維持率が0%になると強制ロスカットされるわけですから損切りを自動的に行う事ができ完全に余剰資金で行えるというわけです。追証も当然かかる事はありません。

iFOREXでトレードするという事は、資金をためる必要のある国内に比べて圧倒的にハードルが下がると言う事がわかると思います。

iFOREXでトレードする場合は資金をほとんど貯める必要がない

ハイレバをかける事ができるiFOREXは最大レバレッジが400倍となっています。FXで考えると国内ブローカの16倍のレバレッジをかける事ができるわけです。

そうなってくるとトレード資金は国内で用意する金額の1/16で済むわけです。投資をやってみようと思って50万円国内ブローカーに入金しようと貯めている場合、iFOREXならたった3万円で済むわけです。

50万円をなくなってもいいお金と思える人なら良いかもしれませんがほとんどの場合そうではないでしょう。

3万円ならなくなっても仕方ないと思える人は圧倒的に多くなると思います。なくなってもしょうがないで済ませる事ができるお金が余剰資金なわけですから

トレードしたいけど資金が少なくてなかなかできないと思っているFX初心者は多いと思いますがiFOREXなど海外FX業者を使ったらスグにでもトレードを始める事ができます

アッと言う間に登録できる 今すぐiFOREXの公式サイトへ iFOREXでは100%入金ボーナスをもらえます