海外FXのトップクラスとして20年以上も運営しているiFOREXに特化しているiFOREX専門サイト

  iFOREX(アイ フォレックス) クラブ 口座開設して100%ボーナスを貰おう
iFOREX公式で今すぐ口座開設
iFOREX クラブ 口座開設方法 口座開設 FX・通貨・為替 株式指数 商品取引 仮想通貨 初心者向け その他記事

iFOREXには追証はないけど、追証がある国内FXなどでは払えない場合どうなるか

iFOREXなど日本人に人気にある海外FXでは、証拠金不足になり口座残高がマイナスになっても追証金を請求されることはありません。

海外FXが選ばれる理由としてハイレバをあげる事ができます。iFOREXは400倍のレバを掛ける事ができますしXMは200万円まで888倍のレバです。

もう一つ、海外FXが選ばれる大きな理由として追証がないという点をあげる事ができるでしょう。

海外FXのこの2つの特性によりリスクをより小さくする事ができ、人気が出ている理由ではないでしょうか。

一方、国内FXや証券会社で信用取引を行っている場合、口座残高がマイナスになると追証金を支払う事になります。

追証は何か、リスクなどをわかっていないと怖さを理解できないと思いますので今回は「追証」また「払えない場合どうなるか」と言う点をピックアップしていきます。

追加証拠金を入金しないといけないケース

レバをかけてトレードしていると証拠金維持率と言うものがあります。会社によって異なりますが証拠金維持率が強制決済される維持率に達した場合、追加証拠金を入金する必要があります。

追証を入金しないと会社で定める証拠金維持率に基づき強制決済をする権限をFX業者は持っています。いわゆる強制ロスカットと呼ばれるものです。

通常のレートの動きならマイナスにならずに強制決済が執行されますが、レートの変化が激しすぎる場合(スイスフランショック時やトルコリラショック時など)、何らかの原因でスプレッドが大きく開いてしまった場合など(楽天FXで実際にあった2016年にスプレッドが1500pips開く)で証拠金維持率がマイナスになると追証を必ず入金する必要が生じます。

追証で頭を抱えるケースはほとんどといいっていいほど国内FX業者だといってもいいでしょう。

(iFOREXやXMなどもそうですが海外FXでは聞いた事がありません。海外FXでも口座残高がマイナスになる場合はありますが入金する必要はありません。詳しくはコチラ「iFOREXで口座証拠金がマイナスになった場合でもあせらない」)

海外FXと国内FXどっちを使うか悩んでいる人は、国内FXはスプレッドが狭いなどメリットに目が行きがちですが追証の怖さも知っておくといいかもしれません。その上でどちらを使うかを検討するといいでしょう。

追証が払えない場合

追証を入金しないと強制ロスカットされる事はわかったと思います。証拠印維持率がマイナスになってしまって払えない場合どうなるのでしょうか。

この場合、サラリーマンなど会社に勤めている、給与を受け取っている人は給与の差し押さえや、資産の差し押さえなどを裁判所命令で執行されるでしょう。

怖いお兄さんが家に押しかけてくるなんてことはないと思いますが、差し押さえ関係の事由は粛々と執行されるでしょう。これでもマイナスになっている場合は長期にわたって回収されていくようになります。

FXや株で自己破産をしようと思っても免責は難しいようですから追証金を支払う事になってしまう事になるでしょう。

追証が借金と言われる理由がここにあります。払えない場合借金のように利息もかかっていく事と思います。

こういった事は現実として起きていますから、自分には起きないと思うのではなく起きるかもしれないと胸に刻んでおく方がいいのではないでしょうか。

借金になってからでは遅い

追証金を払えない場合借金のようになってしまうということはわかったでしょう。負債が1000万円未満までだと何とか頑張って返せるでしょうがそれ以上だとかなりしんどくなってくるでしょう。

トレードで爆益を得るつもりが負債を返す為に何十年も無駄にしてしまうなっては本末転倒です。再浮上するのもかなり難しくなるかもしれません。

借金になってからでは遅いのです。

追証がある国内FXを利用する場合は対策としてレバを抑えると言う事が挙げられますが、変わりに爆益を狙う事ができません。そこで出てくるのが追証のない海外FXになります。

海外FXに人気のある理由はここにあります。追証金を請求される恐れがないのでレバを抑える必要がありません。資金効率のいいレバレッジを最大限に生かすことができるというわけです。

追証なし、400倍のレバをかけれるiFOREX公式へ

ハイレバを掛けて爆益を狙う事ができるわけです。

追証の怖さを知っているだけで、業者選びが変わってくるでしょう。こういった情報を知っておくと国内FXでも悪い噂のあるブローカーは避けようと業者選びに慎重になると思います。

iFOREXのような海外FX業者には追証はありません。つまり入金額以上のマイナスになる心配はありません。借金をして入金すると謝金が増えますが、追証が原因で借金になる事はありません。

スプレッドや税金など国内FXのメリット部分ばかりを見ているのではなく、万が一のリスクに備える為にiFOREXでトレードすることを検討してもいいのではないでしょうか。