海外FXのトップクラスとして20年以上も運営しているiFOREXに特化しているiFOREX専門サイト

  iFOREX(アイ フォレックス) クラブ 口座開設して100%ボーナスを貰おう
iFOREX公式で今すぐ口座開設
iFOREX クラブ 口座開設方法 口座開設 FX・通貨・為替 株式指数 商品取引 仮想通貨 初心者向け その他記事

トレードのギモン 窓明け・窓埋めとは

FXや株などで長年トレードしている人たちは知っている事は沢山ありますが初心者にとってはわからない事だらけです。

ロスカットやゼロカット、追証なども知らない人もいるでしょう。

FXでは週明け月曜日に見る事が多いチャートパターンの一つである「窓明け・窓埋め」に関して書いていきます。

窓明けとは

窓明けとはGU(ギャップアップ)GD(ギャップダウン)とも呼ばれる事象でレートが飛んでチャート上でローソクに隙間があいてしまう事象のことです。

株式のチャートでは毎日のように見ることができますから、窓明けのイメージがつかない人は株のチャートを見るといいでしょう。

前日の終値で市場が閉まって時間外取引で買い注文・売り注文が多くなった時に見られて、次の日の始値が前日の終値から高い位置もしくは低い位置から始まります。

売買できる時間帯が決まっている株では毎日のように見ることができますが、FXは24時間取引ができるため、月~金曜日まではほとんど見かけることはありません。

FXや商品先物でみるのは金曜日がクローズしてから翌週の月曜に窓明けでスタートしている事があります。

iFOREXなどでは、エントリーした方向と逆方向(ロングなら下に窓を開ける・ショートなら上に窓を開ける)して強制ロスカットもしくは口座残高がマイナスになったとしても追証がかかることはありません。詳しくはコチラから(iFOREXで口座証拠金がマイナスになった場合でもあせらない

国内口座は口座残高がマイナスになると追証を入金する必要がありますから週末の持越しには注意してください。

窓埋めとは

窓明けでローソクに隙間があいてしまった場合、窓を埋める動きをする事が多々あります。

隙間を埋める場合はその日かもしれませんし、長期間かかるかもしれませんが経験則としてほとんどの場合、窓は埋まる事がおおいです。

開いた隙間を埋めに行くレート変化を窓埋めといいます。

窓埋めに関しては株でもFX・商品先物でもチャートを使用できる商品ならなんでも起きる現象です。

窓埋めを鵜呑みにしない

窓はいつか閉まるものですが、それがいつなのかは誰にもわかりません。

FXで大きく窓を開けたときなどtwitterなどを見ていると「今から窓を閉めにいく」などと書いている人がいますが、その人の相場観によってしている発言ですから、あまり信用はしないほうがいいでしょう。

窓を埋めると沢山の人が言っているからと安易にトレードしていては、いつか大損する日が来てしまうことも考えられます。

窓明け・窓埋めに限らないことですが、他の人が言っているからではなく自分でトレードは判断してポジションを持つ事が大切でしょう。

国内FXや商品先物をしている人、株など国内証券でトレードしている人は慣れていないと週末持ち越す事はお勧めしません。

週末何か大きなニュースがあって、大きく窓を明けてスタートしたりする事もあるからです。リスクよりリターンが勝るなら持越しをしてもいいと思いますが。

その点、海外FXは追証や借金を背負うリスクがないので、窓明けを過度に怖がる必要はないと思います。(入金分を越すマイナスがないと言うのが最大の理由です)(持ち越しはトレードに慣れている必要はあります)

もちろんiFOREXでも追証を入金するリスクはありませんし、レバを400倍掛ける事ができますのでiFOREXで口座開設をして爆益を狙ってみてもいいでしょう。